×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引越し 吉日

引越し 吉日の日取りについて

引越しの日取りを決めるのにもし余裕があるのであれば、良くない日取りで引越しをするよりも少しでも良い吉日を選んで引越しをしたほうが気分的にすっきりするものです。

 

引越しに関しては、日取り以外にも風水を非常に気にする人も多く、国は違いますがシンガポールでは風水が新築住宅では重視されているほか、
引越しをする日や引越しをするルールとまで風水にちなんだやり方を行う人もいるくらいなので、日本でも徐々に風水・吉日を選ぶ人が増えていますね。
では、引越しに適した吉日とはどんな日なのかというと、基本的に六曜での「大安」がベストなのは間違いないものの、タイミングの良い時期・良い曜日に大安がうまく着てれるわけではありません。

 

結婚式と同様に、土日の大安というのは引越しでも実は激選で、吉日を少しでもとらえられるように気を付けている人が多いわけですが、
例えば午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)で引越しをすることができるのであれば大安じゃなくとも赤口と呼ばれる日取りでも吉日となります。
吉日って実は、1日単位で運気が変わるものではなく、時間帯によっても吉と凶が変わるものが多く、例えば先勝・先負なんかも時間帯を指定すれば、
吉日となりますので、より良い日取りの時間帯を選ぶことで、引越しをした後の漠然とした後悔を感じるようなことがなくなります。

 

引越しを頻繁に行うのであれば、吉日をあえて選んで荷物整理なんかをする必要はありませんが、たいていの場合、数年単位で済み続けることになりますから、
引越しの日取りが悪かったことで後々になって苦い思いをする前に、ぜひ、良い日取りで納得のいく引越しをするようにしましょうね。